赤楚衛二の演技が下手と言われた3つの理由!過去の作品で紹介!

赤楚衛二,演技,下手,理由

これまで「仮面ライダークローズ」や「彼女はキレイだった」などに出演されていますが、赤楚衛二さんは「演技が下手だ」という話題になっています。

そこで今回は、赤楚衛二さんの出演しているドラマや映画から演技が下手な理由3つについて過去の作品から情報をまとめてみました。

目次

赤楚衛二の演技が下手な3つの理由を過去の作品で紹介!

笑顔の赤楚衛二さん
引用:週刊女性プライム

赤楚衛二さんの演技について賛否両論ある中で、下手という3つの理由がありましたので紹介します。

①下手な理由「棒読み感がある」

赤楚衛二さんを検索すると「棒読み」がでる

赤楚衛二さんを検索すると「棒読み」の検索ワードが出てきました。この検索ワードは、検索する方が多くいると勝手に出てくる予測機能ですので、一定数の方は、演技に対して「棒読み」だと感じている方がいたのです。

②下手な理由「経験不足」

赤楚衛二さんがインタビューを受けてた中で告白
引用:クランクイン

当時は、「お芝居が好き」とは言えなかったという。「何をやっても本当に下手だったし、何が楽しくてやっているのかも分からなかった…。でも、分からないんだけど、追いかけ続けたいという気持ちだけは大きかったんです。その気持ちが『芝居が好きなんだ』ということにつながったのは、本当に最近です」。

引用:クランクイン
URL:https://www.crank-in.net/interview/83444/2

大学を辞めてまで役者になりたかった思いとは裏腹に、演技力を問われ苦しく這い上がろうとしていた時期があったのです。

「好き」なことを突き詰めていった赤楚衛二さんだからこそ、今の役者になれたのです。

③下手な理由「役に入りきれなかった」

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる