瀧澤謙太の戦績は判定だらけ!逃げ回りレフェリー注意で強さ不明だった!

瀧澤謙太(たきざわ けんた)さんは、2021年12月31日の大晦日に朝倉海(あさくら かい)選手とRIZIN(ライジン)で試合を行うほどの選手です。

これまで総合格闘技PANCRASE(バンクラス)やRIZIN(ライジン)で戦績は勝ち越しが多いものの、判定も数多くあり、過去には逃げ回ってレフェリーに注意を受けたこともありました。

「本当に強いのか?」不明ということあり、もしかするとやらせの可能性も出てきました。

今回は、瀧澤謙太(たきざわ けんた)さんの戦績やプロフィール・経歴、入場曲、やらせの可能性について紹介していきます。

目次

瀧澤謙太の戦績は判定が多かった!

19試合(T)KO一本判定その他引き分け無効試合
13勝904000
6敗213000
瀧澤謙太(たきざわ けんた)選手の戦績(2021年11月現在)
引用:wikipedia

瀧澤謙太(たきざわ けんた)選手の戦績は、2021年11月現在で13勝6敗となっています。13勝のうちKOが9回ありますが、判定となっているものが、4つあったのです。

比較として、対戦相手の朝倉海(あさくら かい)選手の戦績を紹介します。

21試合(T)KO一本判定その他引き分け無効試合
18勝1134000
3敗300000
朝倉海(あさくら かい)選手の戦績(2021年11月現在)
引用:wikipedia

試合数の多い朝倉海選手と比べたら、瀧澤謙太選手の判定数が多いことがわかります。

判定になる理由①ポイントで稼ぐ

1、2回終盤に効果的なパンチを浴びせ、コーナーに追い込んだ。残り時間がなく仕留められなかったが、わずかなチャンスでポイントを稼いだ。

引用:日刊スポーツ

相手がどのような選手なのか分析を行ったうえで、必要に打ち合いにはせずダウンを奪う作戦ではなく、パンチのポイントを積み重ねることで判定に持っていく作戦だったのです。

瀧澤謙太選手と今成正和選手の試合
引用:RIZIN

打ち合いが少ないでしょうから、観客としてはヤキモキする試合だったのでしょう。

判定になる理由②逃げ回り敵を伺う

リングをグルグルと逃げ回りながら攻撃チャンスを狙う瀧澤。15分間、同じようなシーンが続いた。途中、レフェリーから積極性に欠けるとして、2度注意を受けた。

引用:日刊スポーツ

無用に近づかない瀧澤謙太(たきざわ けんた)選手は、様子を見るため距離を置いているのですが、積極性がないものとみなされ、レフェリー注意を受ける始末だったのです。

瀧澤謙太選手は今成正和選手にポイントで攻める
引用:RIZIN

15分もの間、硬直した状態が続くのであれば、観客も不満がでるのは当然ですが、瀧澤謙太(たきざわ けんた)選手としては、無暗に懐に入れなかったのでしょう。

実際に、瀧澤謙太選手は試合終了後、「勝つ方法がこれしか見当たらない」というところもありましたので、対戦相手との距離を置くことをスタンスとしてあったのです。

判定が多いとはいえ、瀧澤謙太選手は決して弱いわけではありません。

経歴では空手と総合格闘で鍛えられており、これまで対戦してきた選手が瀧澤謙太選手に対して気を付けなければならないこととして、「パンチ」を挙げられているほどなんです。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる