となりのチカラの評判は「つまらない!」脱落候補となった5つの理由!

となりのチカラ,評判,つまらない,評価,感想

嵐の松本潤(まつもと じゅん)さんの主演ドラマ「となりのチカラ」が、原作はなくオリジナル脚本と言うこともあり、先が読めないドラマで「つまらない」、「面白くない」、「心の声はいらない」と酷評されています。

嵐が活動休止後、ソロで活躍している松本潤さんなだけに、今後の活動へ影響が出ること間違いない状況となりかねません。

今回は、「となりのチカラ」の評判が「つまらない」という脱落候補となった5つのイライラさせる理由を紹介します。

目次

となりのチカラの評判は「つまらない」脱落候補となった5つの理由!

松本潤さん主演ドラマ
引用:となりのチカラ

2022年1月20日(木)から始まった「となりのチカラ」が、つまらないという5つの理由を紹介します。

①心の声はいらない

松本潤さんの無駄遣い!?
引用:Twitter

ドラマ中に中越チカラ(松本潤)が、思いふけるように心の声が始まります。その心の声が異様に長く、松本潤さんは、その間じっと目の前をみている状況に陥っていることもあります。

心の声が多い中越チカラ(松本潤)
引用:となりのチカラ

中越チカラ(松本潤)の目の前のことがらについて、いろいろな問題を提起している番組かもしれませんが、ドラマでは眼中の人たちは思い思いに動いているので、心の声を聞く番組状態となっていました。

②内容が無理やりすぎる

面白くないと話題になった「となりのチカラ」
引用:Twitter

中越チカラ(松本潤)が無理やり家庭環境に入り込み、解決しようと試みるところが今の社会では無理やりすぎていたとの意見が多くありました。

となりのチカラ第1話は虐待がテーマ
引用:5ちゃんねる

虐待を受けている家族に対しても本来であればすぐに児童相談所へ連絡をしたり、警察に連絡をすればいいものを民事不介入なのか、中越チカラがまとめようとしていたのです。

となりのチカラはラマの特性上無理があった!?
引用:5ちゃんねる

③脚本に問題がある

となりのチカラの面白さは脚本による!?
引用:Twitter

第1話に関しては、虐待が問題となっており、どこまでを中越チカラが解決すれば良いとすればいいのか視聴者にはわかりづらいと意見があったのです。

松本潤さんのせいなのか疑問を呈している
引用:Twitter

④どういうテーマなのかイマイチわからない

となりのチカラのテーマがわからない
引用:Twitter

今の地域コミュニティが薄れている現代社会を現わしているのでしょうが、今後の方向性が見えないというものです。

半沢直樹のような勧善懲悪的なドラマや恋愛ドラマとは違っており、ヒューマンドラマなのかコメディなのか第1話では分かりづらかったのです。

位置づけとしては、「ホームコメディ」とされているのです。

⑤演技が浮いててヘタ

嵐が無期限の活動休止となっており、ソロでの活躍をしているそれぞれのメンバーの中で、松本潤さんは第96回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演男優賞を受賞するなど「演技が上手い」とされています。

役柄下手にみえるかもしれない松本潤さん
引用:Twitter

それだけに今回の作品出演がくやまれる評価となっているのでしょう。

今回のようなキャラクター設定であれば、「もう中」みたいなテンションで柔らか系が良かった…

本当はもう中が良かった!?
引用:吉本興業

コメント

コメントする

目次
閉じる