シンウルトラマンのセクハラシーン!樋口監督は10分に1回の作品制作!

シンウルトラマン セクハラ シーン 樋口監督

2022年5月13日に庵野秀明(あんの ひであき)さんが、映画脚本されており、樋口真嗣(ひぐち しんじ)さんが監督をしたことが話題なっていたシン・ウルトラマンが公開されました。

誰しもが昔懐かしいウルトラマンを堪能できると思いきや、内容が長澤まさみさんがご自身のお尻を叩くなどセクハラシーンだらけだったことが報告され、男でも気持ち悪いと言っているのです。

そこで今回は、樋口監督の悪い癖であるシンウルトラマンのセクハラシーン・お尻を叩くなど演出について紹介します。

目次

シンウルトラマンのセクハラシーン!長澤まさみが自分の尻叩く!

長澤まさみさんにセクハラ演出が多すぎる!?
引用:シン・ウルトラマン
URL:https://shin-ultraman.jp/

シン・ウルトラマンでは、長澤まさみさんが自分のお尻を叩くなどの演出があって、「セクハラ」と汚名をきせられているのです。

イメージ画像

上映時間は、1時間53分ということですので、113分≒11~12回長澤まさみさんはセクハラを受けていたと言うことになりますね。

シンウルトラマンでは長澤まさみさんがセクハラされていた
引用:Twitter

観客からはずっと長澤まさみさんのことを心配されており、どのようなシチュエーションだったのかはネタバレになりますので、言えませんがファンにとってはうれしい方と腹ただしい方がいるのは間違いありませんね。

シンウルトラマンで長澤まさみさんは攻防している!?
引用:Twitter
長澤まさみさんに対してのアングルもやぱかった
引用:Twitter

長澤まさみさん本人は演技に集中しているとはいえ、そのようなシチュエーションがあったら嫌になるのは当然ですね。

コメント

コメントする

目次